About Vijin

Vijinのこだわり

ヘアスタイルで、貴方の価値を創る

ファッションやメイクと同じく、ヘアスタイルは貴方自身の表現であり、貴方の価値を創るものです。

Vijinでは、カットやカラーを通じて、お客様が持つべきブランドイメージをクリエイトします。

立体的でナチュラルなカラー

さまざまな髪色を持つ欧米の人々ですが、元から美しいブロンドやストレートヘアーを持つ方はほとんどいないのが実際のところ。だからこそまめにヘアサロンに通い、理想の自分を整えているのです。

そんなニューヨーカーが望むのは「自然で自分らしい」美しい髪。Vijinでは、ハイライトとローライトを混ぜて自然な陰影を創り出すニューヨーカー御用達のカラー技術を、日本人向けにアレンジしてご提供しています。

立体的だからこそナチュラルに映えるヘアカラーが、貴方だけのニュアンスを演出。また当サロンでは、お客さまが美しいヘアカラーを無理なく維持できるよう、<カラー会員>制度をご用意しています。

デザインするカット

Vijinのカットは、ヴィダル・サスーンの哲学を受け継いだ、スタイル維持や再現性の高いもの。

ヘアカタログの再現ではなく、お客さま一人ひとりのなりたい自分、内側からの輝きを表現するライフスタイルを考えた似合う髪型をデザインするカットです。

艶めいて健康な髪へ導く、サロンヴィジン特別なトリートメント

髪の健康と髪の美しさは切り離せないもの。だからVijinでは、施術前と施術後、2回に渡り行う特別なトリートメントメニューをご提案しています。

水素水と炭酸バブルを使うことでカラーやパーマ剤から髪を守り、さらに栄養を与えてケアする。

特別な日の、変身

ショートからロングへ、黒髪からおとぎ話の国の髪色へ。大胆な変身を気軽に楽しめるのが、ウィッグです。

Vijinではウィッグから、気軽に取り入れやすい付け毛まで、幅広い種類をご用意。

また、結婚式やパーティなどのヘアスタイリングも可能。

ヘアセットが得意なスタッフがなりたいスタイル・用途に合わせて特別な日をご提供。

特別な日の遊びを、ご提案します。

サロンプロデューサー

南田 稔

Minoru Minamida

1953年生まれ。日本での美容師経験を経て25歳で渡米。

ヴィダル・サスーンの弟子達が始めたNYヘアーグループの研修生からスタートし、1983年にアメリカへ初めて日本のストレートパーマを持ち込んだことで、《VOGUE》《ELLE》など一流ファッション誌で取り上げられる存在に。

渡米8年目となる1986年に独立し、マンハッタンにサロン・ヴィジンをオープン。

1992年にはロックフェラーセンターに店舗移転を果たした。

2011年1月に夙川店をプロデュース。